2022.07.25

4人で協力して「ましかく」を作るオンラインイベント「みんなで!ましかく」紹介

Vol.スオスダイ(8月号)では、オンラインイベント「みんなで!ましかく」が開催されます。
「みんなで!ましかく」は4人でリアルタイムで協力しながらオンラインで遊ぶチャンネルです。
 
開催期間はこちらをご確認ください。
毎週日曜開催で、1回目 9:00〜10:00/2回目 19:00〜20:00の1日2回開催です。


「ましかくさがし」をみんなでやることの意義

「ましかくさがし」は、つなげると正方形になる4つの点を探す思考力問題です。 


さまざまな点の中から適切な点を選び、図形を見出すには、高度なイメージ力が必要です。
この問題は、 「正方形」をテーマに、図形センスを楽しみながら鍛えます。
この「ましかくさがし」の正方形の4つの点を、1人1つ担当するのが「みんなで!ましかく」です。


1人でやるときと4人でやるときの最大の違いは、「他の人の位置から、自分が行くべき場所を考える」要素です。

「みんなで!ましかく」では、全員が正しい位置に収まった時に正方形が表示されて正解となり、次の問題に進みます。つまり、他のプレーヤーもしくは自分の選んだものが合っているかわからない状況で、「ここが正解だろう」と思う位置で待つことが必要になります。
 

「他のプレーヤーの位置から正解を考える」ことに、「みんなで!ましかく」の面白味があります。共通の目標を達成するために、人の動きを参考にしたり、誰も答えがわからない状態で自分から動いたりと、様々な一期一会の体験を楽しんでみてください。 

親子で一緒に取り組む際のポイント

①何が「ましかく」かを最初にフォローしてあげるとスムーズ

本人は「ましかく」になってるつもりだけど、正方形とそれ以外の四角形の違いがわからない(特に図形が傾いている時)ということもよくあります。

最初は保護者の方から画面を見ながら「これがましかくだよ」とフォローしていただいて大丈夫です。

後半(4〜6番目)の問題は大人でも時間がかかるほどの問題なので、一緒に「ここはどうかな?」と作戦会議しながら取り組むのもおすすめです。

②プレーヤー同士でヒントを出し合おう


 
画面をタップすることで、他のプレーヤーにヒントを出すことができます。
最初はそれを頼りに徐々に慣れていくのも良いですし、問題の理解が深まったら今度は自分が他のプレーヤーを助ける側にステップアップするのも良いでしょう。

文章での明確なコミュニケーションがないからこそ、行動だけから読み取ることの難しさ、潔さ、面白さを味わっていただければと思います。

以上、「みんなで!ましかく」の紹介でした。

「みんなで!ましかく」では、1プレイごとにメンバーは自動で入れ替わります。
問題も都度入れ替わるので、単に覚えるだけでなく正解の目星の付け方も問題に繰り返し取り組むことで洗練されていきます。

期間中には何度でもプレイできるので、時間の都合がつく範囲で存分にお楽しみいただけますと嬉しいです。