WonderBox ワンダーボックス">

サービス概要

わくわく引き出す、
アプリとキットの組み合わせ。

毎月約10種類のアプリ教材と3種類のキット教材をお届け。
対象年齢は4歳〜10歳。
デジタルとアナログをかけ合わせた新感覚のまなびを、
ぜひお子さまとご体感ください。

  • アプリ
    デジタルだから実現できる
    思考・創造体験をご家庭で!

    プログラミングをはじめ、デジタルならではの教材を多数収録。ご家庭のタブレット・スマートフォンをご使用ください。

    動作環境・推奨端末はこちら
  • キット
    キット教材
    アナログだから実現できる
    五感を用いた試行錯誤を楽しもう!

    思考力ワークブックとトイ教材2点を毎月ポストにお届けします。アプリを用いたデジタルとの融合もお楽しみください。

可能性を広げる、豊富なテーマ。

思考力・戦略・サイエンス・プログラミング・エンジニアリング・アート・総合

思考力を中心としたSTEAM領域のバラエティ豊かな教材をお届けします。未知の世界との出会いはお子さまの知的好奇心を引き出します。

ここが違う!5つの特徴

特徴01
理系センス+創造力を育てる
STEAM教材
理系センス+創造力を育てるSTEAM教材

STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)といった5つの分野を横断的に学ぶ新しい教育概念。問題解決能力や創造性を育む新時代の学びとして注目されています。

元々はアメリカで提唱された概念でしたが、今では日本の文部科学省も推奨し、これからの時代に重要な教育と考えられています。

ワンダーボックスは、プログラミング、サイエンス、アートなどSTEAM領域の教材で理系センスや創造力を自然に引き出します。また、画像認識やARなどの技術も積極的に取り入れることで、新たなテクノロジーに自然と触れながらSTEAMの面白さを実感いただけます。(前提知識がなくても直感的に使える教材になっていますのでご安心ください)

  • ARかくれんぼ ARを活用し、立体感覚を育む数理的思考力教材。
  • カラコロキューブ 画像認識を活用し、「場合の数」を楽しみながら学べる立体キューブトイ教材。
特徴02
IQや学力への効果
学力や意欲への効果が実証されています。

ワンダーボックスにも収録されている思考力育成教材「シンクシンク」を用いてカンボジアで実証実験を行いました。シンクシンクを毎日実施した集団は、そうでない集団と比べて、IQテストや学力テストの結果が顕著に伸びました。

この調査は、慶應義塾大学の中室牧子研究室、JICA(国際協力機構)との合同で実施され、論文としても公表されています。

  • 算数の成績(平均値)

    算数の成績(平均値)
  • IQスコア(平均値)

    IQスコア(平均値)
単なる「勉強」ではありません。

幼少期は「知識・スキル」を身につける「勉強」だけでなく、楽しく没頭する体験がとても重要です。
意欲や思考力が伸びることで、その後の知識習得をともなう学びが、何倍も有意義なものになっていきます。

特徴03
実績のある
教育のプロが制作

代表の川島は、幼児教育や教材開発に10年以上携わり、日本だけでなくアジア各国でも学習指導をおこなってきました。子どもの思考力を育む教材開発は高く評価され、子ども向け雑誌への問題提供、知育動画/玩具の監修をおこなっています。

教育×技術=EdTechのプロチームが開発

私たちワンダーラボは、子どもたちの思考力を育むプロチームです。私たちが開発した思考力育成アプリ「シンクシンク」は世界150カ国200万人の子どもたちに利用されています。

  • 子どものプロ
    子どものプロ
    幼児教育25年、20万人の指導実績を持つ花まる学習会での指導経験豊富な制作陣が、幼児の特性を把握し、意欲を引き出します。
  • 問題作成のプロ
    問題作成のプロ
    算数オリンピックの問題や、ベストセラー問題集「なぞぺ〜」シリーズを制作する精鋭チームが、思考力や発想力を伸ばす良質な問題を制作しています。
  • 技術のプロ
    技術のプロ
    毎週の研究授業などで子どもの感覚を熟知したエンジニア・デザイナーによる作り込み。外注を一切せず、クオリティを追求しています。

問題提供・監修の実績

小学館の学習雑誌やポケモン公式YouTubeを始め、多くの企業への問題提供や監修を行っています。

  • 小学館の学習雑誌のクイズ連載・プログラミング連載の問題監修
    小学館の学習雑誌のクイズ連載・プログラミング連載の問題監修
  • >ポケモンの教育動画「ポケモン Kids TV」考える力を育むクイズシリーズに原案提供
    ポケモンの教育動画「ポケモン Kids TV」考える力を育むクイズシリーズに原案提供
  • ハナヤマの人気知育玩具『ロジカルニュートンシリーズ』問題監修
    ハナヤマの人気知育玩具『ロジカルニュートンシリーズ』問題監修
  • TBSクイズ番組『ザ☆HIRAMEKI』の全問題を提供
    TBSクイズ番組『ザ☆HIRAMEKI』の全問題を提供

約10,000人の子どもたちの
反応を見ながら開発

ワンダーラボでは、子どもたちのリアルな反応を得られる場として、2015年から研究授業を主催しており、本当に子どもたちの知的躍動を引き出すことにこだわって教材を開発しています。
コンテンツクリエイター、エンジニア、デザイナー等、教材開発の当事者が授業に参加し、常に教育の現場でブラッシュアップされた教材をお届けしています。

「学びのデザイン」が高い評価を獲得

ワンダーボックスは、好奇心を引き出す教材設計やデザインが評価され、数々の賞を受賞しています。

  • KIDS DESIGN AWARD 2020
  • GOOD DESIGN
  • BabyTech Award Japan
  • PARENTING AWARD
特徴04
安心の保護者サポート

お子さまの好きや興味がわかる
「子どもの取り組み」

保護者向けサイトでお子さまの作品や挑戦の記録をご覧いただけます。お子さまの興味関心の移り変わりや、「好き」「得意」を記録に残しておける機能です。

ワンダーギャラリー

お子さまの作品が保存されたギャラリーです。お子さまの試行錯誤の軌跡を、気軽に振り返ることができます。

ワンダーギャラリー
チャレンジレコード

お子さまが、何に興味を持って、どれぐらい挑戦したのかがわかる”挑戦の記録”です。お子さまの関心の変化を知るのにお役立ていただけます。

チャレンジレコード

仕事の合間に見て、くすっと笑ってしまうことも。帰宅してから子どもに「見たよー。あの絵面白いね」などと話してコミュニケーションのきかっけになっています。

6歳(小1)の保護者

保護者向け情報サイト
「ファミリーサポート」

  • ファミリーサポート
  • 教材の取り組み方や活用方法のヒントなど、お役立ち情報をお届けしています。「この教材にどんな意義があるの?」「子どもとの関わり方はどうすればいい?」等、保護者の皆さまからよくいただくお悩みやご質問にもおこたえします。

特徴05
視力や、やりすぎへの配慮

お子さまの目の健康や、
やりすぎに配慮した教材設計

集中力や目の健康に配慮する「おやすみ機能」
アプリに時間制限を設けており、保護者の方が自由に時間を設定できます。ご家庭のスタイルに合った使い方でお楽しみいただけます。

おやすみ機能

過度な演出ではなく
「考える楽しさ」でやる気を引き出す

アナログでは見受けられないような強い報酬意識や刺激をデジタルは抱えており、それがアナログを楽しめなくなる一因や依存症につながってしまう原因となっていると言われています。
ワンダーボックスでは、ポイントやスタンプといった演出での動機づけは必要最低限に抑えています。そのうえで、より学びにとって本質的な「解ける喜びや考えることのわくわく」を感じられることを重視して教材を設計しています。

過度な演出ではなく、「考える楽しさ」でやる気を引き出します。

ワンダーボックスで
どんな力がつくの?

年代別のねらい
年代別のねらい

みんなは
どう使ってるの?

ご利用イメージ
ご利用イメージ

まずはご自宅のスマホやタブレットで体験教材(アプリ)を無料お試し!

まずはご自宅のスマホやタブレットで体験教材(アプリ)を無料お試し!
入会のお申し込み