WonderBox ワンダーボックス">

ワンダーボックスとは

シンクシンクとの違い

思考力アプリ「シンクシンク」をお使いの方へ。
シンクシンクとの違いを解説。

ワンダーラボが開発する思考力育成アプリ「シンクシンク」をお使いの皆さまから、ワンダーボックスとシンクシンクの違いを知りたい!というご質問をいただくことがあります。

  • 子どもがシンクシンクを大好きなので、ワンダーボックスに興味があり、違いを知りたい!
  • シンクシンクの有料コースを使っているが、ワンダーボックスにはこのコースの問題はどれくらい含まれているの?

このページでは、こういった嬉しいご質問にお答えしてまいります。
まずはじめに要点を。

シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」、いわばデザートのような存在ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育のメインディッシュとしてお使いいただけるということです。

ワンダーボックスで扱う力は、学校や幼稚園・保育園では扱わない(扱えない)場合が多いからこそ、ご家庭で良質な教材に触れ、素敵な体験をしてほしいという願いを込めて開発しています。

具体的に説明していきます。

シンクシンクとワンダーボックスの大きな違い

1.ワンダーボックスは「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い

シンクシンクは主に「数理的思考力」を対象としていますが、ワンダーボックスは「STEAM(スティーム)」領域全体を横断する教材です。サイエンス、プログラミング、アートなどの幅広い世界に触れることができ、「答えのない問題」や「自ら工夫してつくり出す教材」も数多く含まれます。

ワンダーボックスは「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い

▲STEAM教育とは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の5領域を重視する教育方針。新たなイノベーションを生み出す教育として世界的に注目されています。

2.ワンダーボックスは、リアルも組み合わせた総合的な体験

ワンダーボックスに申し込むと、アプリに加えて、厳選された教材(「キット」)が毎月郵送で届きます。五感を使って感じ、考え、生み出す経験ができるのは、リアルの素晴らしさ。

作品をアプリに投稿・共有したり、リアルで作った問題をアプリの画像認識機能で取り込んでアプリ内でプレイしたり。キットとアプリの組み合わせだからこそ、お子さまの知的躍動をさらに大きく引き出すことができます。

ワンダーボックスは、リアルも組み合わせた総合的な体験

▲キット(左側)では、届いたボックスを開けた瞬間、「なぞ」が現れてわくわくが始まります。 なぞの答えをアプリに入力すると、その月のアプリ教材がオープン!2ヶ月ごとにテーマが変わるトイ教材では、遊び方のヒントをもとに手を動かして試行錯誤し、新たな発見を楽しみながら創造力を育むことができます。

3.ワンダーボックスは、1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)

ワンダーボックスに、教材全体としての回数制限はありません。ただし、ご家庭の生活スタイルに合った使い方ができるように、アプリには時間制限機能を設けています。

初期設定では、10分プレイしたら1分間の休憩が入り、1日最長60分まで、となっていますが、保護者の方が自由に設定可能です。郵送でお届けする教材と組み合わせて、目を休めながら楽しんでいただけます。

ワンダーボックスは、1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)

▲アプリ内「保護者メニュー」で、各ご家庭に合った設定に変更可能です。

ワンダーボックスに、シンクシンクは含まれている?

含まれています(出題形式は異なります。データ引き継ぎはできません)

現在、シンクシンクには、「シンクトピア」「プレミール」「バベロン」「アトラニアス」など色々な星が存在していますが、これらは少し形を変えてワンダーボックスの中に含まれています。

そのため、ワンダーボックスにお申し込みいただいた場合は、シンクシンクの有料コースは解約いただいて問題ありません。ただし、出題方式や問題の出現条件などが一部シンクシンクと異なる点、データや記録が引き継げない点はご注意ください。

1. シンクトピア・プレミール ▶︎ シンクシンク+(プラス)

シンクシンクの「シンクトピア」「プレミール」という星の問題は、ワンダーボックスでは「シンクシンクプラス」という教材として登場します。
(「シンクシンク」「プレミール」は、毎日ランダムで出題される問題から最大3つ選んで、それぞれ3分間取り組む教材です。)

シンクシンク+(プラス)

シンクシンクプラスも、この画像の通り、「毎日変わる8つの問題の中から3つ選ぶ」という形式です。

ルールがシンプルで取り組みやすい問題から、受験算数にもつながるような発展問題まで、バランスよく出題されるようになっています。また、既存の問題にルールが加わってさらにレベルアップした、ワンダーボックスオリジナル問題も収録されています。

シンクシンクとの大きな違いは以下の3点です。

  • ① 問題8つのうち1つは、100種類から自由に選べる!
  • ② 他の7つは20種類ずつ月替わりでお届け
  • ③ 挑戦を認められる仕組み
① 問題8つのうち1つは、100種類から自由に選べる!

「?」のアイコンを選択すると、100種類以上の問題から、自由に1つ選んでプレイすることができます。お気に入りの問題やじっくりやり込みたい問題など、それぞれのお子さまに合わせた楽しみ方でご利用下さい。

毎日1つ自由に選べる!4月号では50種類、順次100種類以上に!
② 他の7つは20種類ずつ月替わりでお届け

他の7問は、月替りの20種類程度の問題の中から出題されます。
この20種類は、分野のバランスを考慮しつつ毎月更新されていきます。ベースとなる20種類が毎月入れ替わることで、「次はどんな問題が出てくるんだろう?」と、翌月の問題が楽しみになります。

③ 挑戦を認められる仕組み

ステージを最後までやり切ると、この画像の通り、ゲージにポイントが累積されていきます。「ステージクリアや自己ベスト更新などの目に見える成果だけでなく、何度も挑戦すること自体が素晴らしい」ということを、子どもたちに感じてもらえたらと考えています。

挑戦を認められる仕組み

2. バベロン ▶︎ バベロン+(プラス)

どんどんレベルアップする同じ種類の問題を解いていき、塔の完成をめざす「バベロン」。

こちらは、ワンダーボックスでは「バベロンプラス」という名前で登場します。シンクシンクでは、1種類の問題に対して、難易度別に2つの塔が用意されていましたが、ワンダーボックスではさらに裏面とも呼ぶべき最難関の塔1つが加わり、全部で3つの塔が出現します。毎月1種類の問題の塔が出現し、月内でのクリアを目指します。

バベロン+(プラス)

出題される問題のほとんどは、シンクシンクのバベロンには登場しない、ワンダーボックス専用のオリジナル問題です。

3. アトラニアス ▶︎ アトラニアス

算数オリンピックのような奥深い難問にじっくりと向き合う力を養う、「アトラニアス」。

試行錯誤力や論理的思考力が特に養われるこの教材は、ワンダーボックスでも大きく形を変えずに「アトラニアス」として用意されています。トレーニングクラスから始まる4段階の問題が、月4回、1シリーズずつ追加されていきます。

アトラニアス

4. オリンピコ(大会)

オリンピコ(大会)は、ワンダーボックスにおいては、現時点では開催されません。ワンダーボックスでは、また違った形で、オリジナルイベントも開催されていきますので、ぜひお楽しみに。
シンクシンクの大会に参加したい!という方は、無料のフリーコースでも大会にはご参加いただけますので、その際にはシンクシンクをご利用ください。

こんなご家庭におすすめ!ワンダーボックス

シンクシンクは、答えのある問題に向き合って、直感と論理を駆使して試行錯誤する楽しさを味わえるアプリです。

それに対して、ワンダーボックスでは、決められた答えのない問題にも向き合います。自由創作テーマに対して自分の頭で思い描いたことを表現したり、より高得点がとれるオリジナルのプログラムを追求したり。これらの経験を通じて、より幅広い問題に立ち向かう思考力や、創造力・意欲が育まれます。

全てのご家庭・お子さまにおすすめしますが、特に以下のようなご家庭におすすめです!

  • シンクシンクが大好きで、もっと楽しみたい
  • 興味の幅を広げながら、好きや得意を伸ばしたい
  • 自分の頭で考える子に育ってほしい
  • 答えのない問題を楽しめるようになってほしい
  • プログラミングやサイエンス、アートに触れさせてあげたい
  • 幼稚園・保育園や学校でやれないことをさせてあげたい
  • 習い事に通う時間がない

ワンダーボックスとシンクシンクの違いについてご紹介いたしました。
他にも、ワンダーボックスについて気になることがあれば、info@wonderlabedu.comまで、お気軽にお問い合わせください。

まずはご自宅のスマホやタブレットで体験教材(アプリ)を無料お試し!

まずはご自宅のスマホやタブレットで体験教材(アプリ)を無料お試し!
入会のお申し込み
トップページに戻る