お客さまの声 VOICE04

「勉強って楽しい!」
子どもが楽しんで取り組めるのが、
ワンダーボックスの良いところ!

5歳(あかねちゃん)

何がきっかけでワンダーボックスを知りましたか?

家庭で取り組める教材を探していて、インターネット広告を見て知りました。ホームページを見て、タブレットを使えて、手を動かすこともできる教材があるんだ、というのが新鮮で、興味を持ちました。
料金体系的にも、年間契約でも途中解約できると書いてあったので、とりあえず始めてみて、子どもにはまらなかったら、解約すればいいかなと思い、申し込みました。ホームページの内容や、よくある質問は結構見ましたね。

どんなところが魅力だと感じましたか?

これまでにない新しいスタイルというのが、親にとっては魅力的でした。ワンダーボックス以外には通信教育などはやっておらず、家庭の方針としても、この年から勉強を課題として取り組ませなくてもいいんじゃないかな、という気持ちがありました。 やるなら、「勉強って楽しい!」と子どもに思ってもらえるものがいいな、と思っていたので、ちょうど合うものが見つかったという感じでした。何しろ子どもが楽しんで取り組めるというのが、ワンダーボックスの良いところじゃないかなと感じています。

わが家のお気に入りチャンネル

一番好きなのはシェイピーです。市販の図形パズルなどが好きで、家族でよく遊んでいたのも、シェイピーを好きになった理由としてあるかもしれません。まずは付属の問題シートに沿って取り組んで、そのあとは自由に創作しています。写真を撮って保存したり共有したりできるので、楽しんで撮っていますね。自分の創った作品がコレクションされていくのが嬉しいみたいです。
まだ5歳なので、一部、ちょっとまだ早いかなと思える教材もあります。シェイピー以外で一番よくやっているのはジュニアランドですね。
ビッグペーパーも家族で取り組んだりしています。問題も手応えがありますし、絵柄も毎月の季節的なもの(5月は鯉のぼり)が取り入れられていて、会話のきっかけになっています。

今はどのように利用している?

タブレットは、子ども専用ではなく、主人のものを使っています。まだそれくらいで充分かなと感じています。
ワンダーボックスのアプリは、1日最大25分、10分ごとに休憩が入るように設定しています。シェイピーなど、キットの利用時間は特に決めていないですね。
基本的には、保育園から帰ってきて、食事の後、お風呂に入るまでの間に取り組むことが多いです。土日は、雨の日で家にいたりすると、結構長い時間やっていますね。

保護者の方はどれくらい関わる?

基本的には自分で自由に取り組んでいます。シェイピーの作品は、つくったら見せに来てくれるので、「よくできてるね!」なんて自然に声かけはしていますね。

ワンダーボックスを通して、お子さまに変化はありましたか?

集中力がつきました。一つの物事に、集中して取り組む、というのができるようになったかなと思います。
ビッグペーパーのまちがいさがしが、結構大人でも本気で考えちゃうような内容で、家族全員で取り組みました。その時に、うちの子は飽き性だと思っていたので、最後まではできないかなと思っていたら、興味を持って投げ出さずに探していたんです。それまで、分かんない!といってすぐ投げてしまうようなタイプだったので、こんなに集中できるんだ!と驚きました。何かをさせるというよりは自分から興味持って欲しいと思っていたので、そういう教材があってよかったな、と思っています。

スタッフからひとこと

シェイピーが大好きなあかねちゃん。作品や、取り組んでいる様子の写真もたくさん送ってくれました。ワンダーボックスは、たくさんのコンテンツの中から、自分が好き!得意!と思えるものを見つけられるのが特長のひとつです。全てのコンテンツを満遍なくやる必要はまったくなく(もちろんやってもOKです!)、その時の興味や関心に沿うものを、お子さんは自然と見つけ出します。
楽しんで取り組めるのが良い、というコメントもいただきました。楽しめるからこそ、好きになれる。好きだからこそ、得意になれる。これは幼児教育に長年携わる中で、間違いなく真理だと開発チームが確信している事柄です。
ぜひこれからも、ワンダーボックスを目一杯楽しみ尽くして下さいね!ありがとうございました!